スーパーブラックでも借りれる審査の超甘い消費者金【5社以上】

ブラックでも借りれる

スーパーブラックだけれども借りたい。スーパーブラックだけれども資金調達をしたい…
そんな方に向けてスーパーブラックでも借りられる消費者金融について書いていきます。

現在借金がありスーパーブラックかもしれない、過去に債務整理や任意整理、自己破産をしてスーパーブラックであるという方はこのエントリーを参考にしてください。

すでに3件以上借り入れがあるという方は、実はスーパーブラックになっている可能性があります。
このエントリーを参考にしていただき、あなたの悩みを解決できる助けになれば幸いです。

この記事は自分はスーパーブラックかもしれない、または大手消費者金融や銀行のローンに落ちてしまったという人が対象になります。
この情報は2020年の情報をもとに内容を構築しています。基本的には2021年もほとんど同じです。
この記事はブラックでも借りたい人向けのものになります。

 

  1. スーパーブラックでもお金を借れる消費者金融
  2. 超スーパーブラックでも借りれる条件は
    1. 借金をすでに完済している
    2. 現在収入がある
    3. 審査の緩い消費や金融へ申し込んでいる
  3. スーパーブラックとはどういう状態かについて解説します
    1. 2社以上借金している
    2. 3,4社以上借金している
    3. 5社以上借金している
    4. 現在他社を延滞している
  4. スーパーブラックでも借りられる銀行はない
  5. 月々の支払いがきついという人は債務整理も検討
  6. ブラックの場合はクレジットカードは作れるの?
  7. スーパーブラックで借りられないケースは【審査の注意点】
    1. 他社借り入れを現在滞納している
    2. 総量規制に引っかかっている
    3. 他社からの借り入れが多すぎる
  8. スーパーブラックでも融資してくれる消費者金融の特徴
    1. 申込者の現在の収入を評価する
    2. 対面与信で融資を行う
  9. 【参考】スーパーブラックでも借りれたという声のある金融業者一覧
    1. エイワ
    2. AZ
    3. いつも
    4. エース
    5. ユニズム
    6. アイアム
    7. アロー
    8. セントラル
  10. ブラックでも借りれると書いてあっても闇金にだけは注意
    1. ソフト闇金にも注意
    2. 個人間融資掲示板もほとんどが闇金
    3. 闇金業者の特徴は携帯電話
    4. 闇金かどうかは金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで確認
  11. 自分はブラックだと思っていても実はブラックではない場合も
    1. 現在きちんと返済をしていればそもそもブラックではない
    2. 自分がブラックかどうかはCICやJICCで確認もできる
    3. CICやJICCの個人情報の登録期間は5年間

スーパーブラックでもお金を借れる消費者金融

ブラックでも借りることが可能な消費者金融についてはこちらの記事で紹介しています。
ブラックだけど資金調達をしたい、即日融資を受けたいという方も参考にしてください。

超スーパーブラックでも借りれる条件は

過去に大手消費者金融のカードローンで否決されてしまった…
前に借りたお金の返済を滞らせてしまい現在スーパーブラックになっているかもしれない…
だけれども急にお金が必要になってしまった。
困っている方はこのブラックでも借りれる条件を一度参考にしてみてください。

スーパーブラックでも審査を通過できる条件は下記の通りです。

  • 借金をすでに返済している
  • 現在収入がある
  • 審査の甘い消費者金融へ申し込みしている

ポイント別に解説していきます。

借金をすでに完済している

過去に何らかの金融事故がありCICやJICCにそのことが記録されてしまう人がいます。
CICやJICCには5年間金融記録が残ると言われています。

では過去に一度でも金融事故があった場合スーパーブラックとなってしまい二度とお金を借りることはできないのでしょうか。

答えはノーです。
過去に金融事故を起こしてしまったとしても借金を既に返済完了している人であれば審査の甘い消費者金融であれば特に問題なくお金を借りることができます。

具体的に大手消費者金融ではなく2chなどでもまとめられているような中小の消費者金融に申し込みをすることになります。

審査甘い、2chで話題になった借りやすい消費者金融
どこからも借りられなくて困っている…そんな方は必見です。 2chで神金融と話題になっている借りやすい消費者金融をご紹介しています。 大手銀行や大手金融業者に断られてしまっても大丈夫。 当サイトで紹介している消費者金融なら簡単にお金...
アコムやプロミスアイフル、smbcモビットで借りられなくても大丈夫です

 

現在収入がある

2chなどで話題として挙げられる中小の消費者金融はCICやJICCの個人信用情報も参考にしますが最も重要視しているのは現在のあなたであり現在のあなたの収入になります。

極端なことを言えば過去に金融事故を起こしていたとしても現在収入があるのであれば安定した収入ありということでお金を借りられる場合が多いです。

現在収入があることを確認するために審査の際には所得証明書や給与明細などの提出を求められることがあります。

この定期的収入というのは必ずしも正社員でなくても大丈夫です。
アルバイトやパート、年金生活者であっても定期的にお金が入っているという方であれば収入があるとみなされます。

専業主婦で収入がないという場合は?
専業主婦の場合は配偶者に収入がある場合は配偶者貸付という制度を利用することで本人の収入と同じように評価してもらうこともできます。

 

審査の緩い消費や金融へ申し込んでいる

またスーパーブラックでも借りたい、確実に借りたいという場合は審査基準の緩い消費者金融や
独自審査の消費者金融に申し込みをすることが前提になります。

スーパーブラックになってしまった場合ほとんどのケースでは銀行や大手消費者金融では借りることはできません。そこで中小の消費者金融へ申し込みをすることがおすすめとなります。

もちろん絶対に借りられるという保証はありませんが、いわゆる街金と呼ばれるタイプの消費者金融であればブラック属性の強い方でも審査に通る可能性はあります。
2chなどで情報交換されているようないわゆる中小の消費者金融に申し込みすることになります。

スーパーブラックとはどういう状態かについて解説します

一言にスーパーブラックといっても人それぞれ、程度はあります。
ここではいくつかの状態に分類を分けてスーパーブラックについて解説していきます。
分け方は具体的に下記の通り

  • 2件以上の借り入れ、借金がある
  • 3~4件以上の借り入れ、借金がある
  • 5件以上の借り入れ、借金がある

そして番外編として

  • 現在他社を延滞している

という状態があります。
それでは一つ一つ、見ていきましょう。

2社以上借金している

現在2社以上借金をしているという場合は審査はやや厳しくなりますがそれでもまだ借りられる可能性があります。

2社程度の借金であればまだまだブラックという扱いにはならないことが多いです。
大手消費者金融でも借りられる可能性があります。

3,4社以上借金している

3社から4社以上借入があるという場合は大手の消費者金融は融資が受けられない可能性がでてきます。
というのもほとんどの消費者金融は「借り入れ4件程度」を目安に審査をしており、4件以上借入を既にしている場合審査が厳しくなる傾向があります。

このあたりから一般的には多重債務者とみなされることになります。
借り入れが3件以上になると大手の消費者金融では審査に通らない場合が出てきます。

 

5社以上借金している

5社以上すでに借金をしているという方の場合、ほとんどの消費者金融ではお金を借りることができなくなります。
これは5社以上から借りることで返済が滞る可能性があるだけでなく総量規制に該当する可能性も出てくるためです。
総量規制に該当してしまうとそれ以上はお金を借りることはできません。

総量規制とは
総量規制とは年収の1/3以上をさらに借り入れすることができない貸金業法上のルールになります。貸金業法は全ての貸金業者が影響を受ける法律です。

キャッシングやカードローンなどでお金を借りる時は借入金額の合計が年収の1/3以内になるようにしなければいけません。
100万円借りたい、200万円借りたいという場合はそれに合わせて年収も300万円600万円必要になる計算になります。
link:100万円、200万円借りたい

現在他社を延滞している

実は上記のどの項目よりも借り入れが厳しくなるのが「現在他社を延滞している」という状況です。
他社の延滞はどの金融業者から見ても印象はあまり良くなく他社を延滞している時点で借入が非常に難しくなります。

現在他社を延滞しているという場合はまず延滞中の消費者金融へ返済を再開することをお勧めします。
他社延滞中かどうかは金融業者であればCICやJICCという個人信用情報機関で簡単に確認することができます。

 

延滞とは具体的に何日くらいの延滞?
延滞にも色々な長さがありますが、信用情報に影響を与える長期延滞は61日以上と言われています。
その理由は61日に満たない一週間や1ヶ月程度の延滞の場合はそのことは個人信用情報に記録されないことも多いからです。60日以下の延滞であれば個人信用情報に記録されていない可能性もあります。

しかし延滞はしないことに越したことはないので延滞はしないように十分注意するようにしてください。

 

スーパーブラックでも借りられる銀行はない

すでに他社の借金を61日以上延滞していたり、クレジットカードの利用料金を61日以上延滞していたり、スマートフォンの分割払いを61日以上延滞していたりするとスーパーブラックという扱いになってしまう可能性があります。

この場合銀行などではお金を借りることはできるのでしょうか?
結論から言うと残念ですがスーパーブラックになってしまった場合は銀行からはお金を借りることはできません。
基本的には審査の緩い消費者金融へ申し込みをすることになります。

 

月々の支払いがきついという人は債務整理も検討

複数の消費者金融からお金を借りていて金利の支払いだけでもいっぱいいっぱい、毎日支払いの催促の電話連絡が来て気分も落ち込んでしまうという方は思い切って債務整理を検討してみるのもおすすめです。

債務整理は国が認めた借金の減額制度を利用することで借金の負担を減らしたりすることができます。

どうしても月々の支払いが厳しいという方は無理をせずに債務整理を行うことも検討してみてください。

債務整理を行う場合はどうしても弁護士費用はかかりますがそれを差し引いても月々の生活は少しは楽になるはずです。

電話相談を無料で受け付けているところもあるのでまずは現状をお話しして状況を整理してみるのも良いでしょう。

債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などがあり現在の自身の状況を見ながらどのようにしていくかを決めることになります。

ブラックの場合はクレジットカードは作れるの?

クレジットカードはインターネットなどで買い物をする際に非常に便利です。
しかし一度でも金融ブラックを経験してしまうとクレジットカードを作ることは難しくなります。
それではブラックの場合でもクレジットカードを作りたい場合はどうすればいいのでしょうか。

実はブラックの方でも審査なしでクレジットカードを作ることはできます。
ブラックの方が審査なしでクレジットカードを持ちたい場合は方法はいくつかあり一つは
家族カードを利用すること、もう一つはデビットカードを使うという手もあります。

デビットカードとは
デビットカードとはクレジットカードのような形で使えるカードで使った瞬間に口座からお金が引き落とされるカードです。
これであれば使いすぎる心配もなくまた審査なしで誰でもカードを使うことができます。
家族カードは家族の方がカードを持っていれば、審査なしでも作れるクレジットカードです。

スーパーブラックで借りられないケースは【審査の注意点】

審査の緩い消費者金融であってもまたスーパーブラックでも借りれたと口コミされている消費者金融であっても審査を受けた結果融資が受けられないというケースももちろん考えられます。

審査の緩い消費者金融でお金を借りられなかったというのは下記のようなケースが考えられます。

  • 他社借入を現在延滞している
  • 総量規制に引っかかっている
  • 他社からの借り入れが多すぎる

ひとつひとつ説明をしていきます。

他社借り入れを現在滞納している

まず他社の借り入れを現在滞納しているという方の場合審査の緩い消費者金融であっても
お金を借りられない可能性が出てきます。

例えば2chで「ブラックでも借りれる」と口コミされているフクホーの場合であってもフクホーの公式ホームページを見ると「他社借入を現在延滞中の方への審査は現在行っておりません」と書かれています。

残念ですが現在、他社の延滞をしているという状況の申込者を信用してくれる消費者金融はほとんどありません。

他社に延滞中の状態で申込みをしても審査を通してもらえない可能性高いです。現在他社で延滞しているという方はまず先に延滞先の金融機関へ返済を再開するようにしましょう。

 

総量規制に引っかかっている

また総量規制に既に該当しているという場合、ほとんどの消費者金融ではお金を貸してくれなくなります。
総量規制は貸金業法の中で厳しく定められており消費者金融は総量規制(年収の3分の1)を超えて
消費者へお金を貸してはいけないことになっています。

総量規制中でもお金を借りることはできるか?
総量規制中は絶対にお金を借りられないのかと言うとそうではありません。
実は総量規制には項目があり、例えば住宅ローンや車のローン事業者ローンなどは総量規制に関係なく融資を受けることができます。

総量規制はカードローンやフリーローンにてお金を借りる場合に該当してくるものになります。

 

他社からの借り入れが多すぎる

具体的な件数としては4社以上の借り入れがある場合はスーパーブラックでも借りれる消費者金融であっても融資してくれない可能性が高くなります。

すでに4社以上からお金を借りている場合はおまとめローンなどで借金をまとめるなどして借入件数をなるべく少なくするように心がけてください。他からの借り入れが多いとリスクが高いと消費者金融に判断されてしまいます。

 

スーパーブラックでも融資してくれる消費者金融の特徴

スーパーブラックでも融資してくれる消費者金融の特徴について解説していきます。

申込者の現在の収入を評価する

スーパーブラックでも融資してくれる消費者金融は個人信用情報よりも現在のあなたの収入、返済能力を評価する金融会社になります。
具体的にはフクホー、AZ、エイワ、ビアイジ、などがこれに当たります。
大手の消費者金融や銀行ではなく中小の消費者金融になります。

対面与信で融資を行う

いわゆる来店型の消費者金融です。
融資の際に必ず対面することを条件としており申し込みをすると店舗への来店を促されます。

来店をするのはかなりハードルが高く感じられますが無事に来店されできればかなり高確率で融資してもらえるのがこのタイプの消費者金融の特徴です。

対面与信型で最も有名かつ特徴的なのはキャッシングエイワです。
キャッシングエイワは来店をすると「お説教」されると有名ですが
人情味ある古き良き消費者金融といった感じで来店をすることでお金を貸してもらえます。
4社以上借り入れがあってもエイワから借りれた口コミもありスーパーブラックでも借りやすい消費者金融であるといえます。

 

【参考】スーパーブラックでも借りれたという声のある金融業者一覧

スーパーブラックでも借りれたという口コミの多い消費者金融を紹介していきます。
どれも中小消費者金融になりますが借りれたという実績も口コミも多い希望の持てる優良な金融業者です。
是非チェックしてみてください。

エイワ

エイワはスーパーブラックの方でも柔軟に対応をしてくれる消費者金融です。
他では断られたけれどエイワでは金額は5万円から10万円程度の少額なら借りられたという口コミもあります。
来店さえできれば最短即日で融資を受けられます。

AZ

WEB完結OKで全国対応がとても心強い消費者金融です。
借入可能金額は30万円から最大300万円まで相談することができます。振込融資にも対応。
神金融のランキングでも常に上位にランクインしています。
もちろん無担保で契約もできます。

いつも

「いつも」は正規の消費者金融としては珍しくLINEで必要書類のやり取りを行うことができ契約まで進むことができます。
スマホのみで契約を進めることができるので家族にバレる心配が少ないのもありがたいです。

エース

エースの振込キャッシングで全国対応の消費者金融です。
可決の情報が毎月あり実績も申し分ありません。
在籍確認や郵便物は個人名で送ってくれるので家族にバレる心配も少なく安心です。

ユニズム

ユニズムもブラックでも借りれたという口コミの多い会社です。

アイアム

アイアムは2chでも神金融として評判になった消費者金融です。

アロー

実質年率は15.00~19.94%。
融資スピードも最短即日です。

セントラル

セントラルはほぼ大手と同じような使い勝手で利用することができます。
中小消費者金融の中でも会社規模が大きく安心感もあります。
中小消費者金融には珍しくカードローンを採用しており返済方法もATMから可能だったりと使い勝手も良いです。
もちろん担保は不要です。

ブラックでも借りれると書いてあっても闇金にだけは注意

「ブラックでも借りれる」「誰にでも貸します」「絶対に借りれる」「極甘審査ファイナンス」というような広告を見ていると必ず目に入ってくるのが闇金融のサイトです。

闇金融は確かに誰にでも貸してくれるのが魅力的ではありますが一度でも借りてしまうと
非常に高い金利で返済の行うことが困難になりますので十分に注意して下さい。

お金を借りる場合はどのような状況であっても闇金以外で借りるようにしてください。

 

ソフト闇金にも注意

最近では「利用者にソフトな対応を心がけている」というようなふれこみでソフト闇金という業者が
かなり多く見受けられます。
見るからに怪しいホームページが多いのですぐにわかります。
しかしソフト闇金とは名ばかりで金利もトイチやトゴなど高く危険です。
もちろん金融庁の許可を得ているわけではなく違法に運営をしているのでこういった業者を見つけても絶対に利用しないようにしてください。
生活が立ち行かなくなります。

金利が高くても少しくらいなら大丈夫、と油断しないでください。
すぐに返せると思っていても卑怯なヤミ金業者はあの手この手で返済を先延ばしにしてきて
利息をを要求してきます。
ソフト闇金は貸金業法から逃れるためか手数料と称して多額のお金を請求してくることもあります。もちろん違法ですので支払わないようにしてください。

個人間融資掲示板もほとんどが闇金

また簡単にお金の貸し借りできるインターネットのサイトとして「個人間融資掲示板」というものがあります。
これらは個人でお金の貸し借りができるサイトになっており、一見すると個人でお金の貸し借りができるのでとても気軽にお金が借りられそうな気がします。
TwitterなどのSNSでも「#お金貸します」といったようなタグから同じような投稿をたくさん見つけることができます。

しかし実際は個人間融資はトラブルも多くとてもおすすめはできません。中には個人間融資掲示板を
利用している闇金業者も存在しています。

甘い言葉に流れてしまい、一度でも個人間融資を利用してしまうと高い金利を支払わされ続けることになります。

闇金業者の特徴は携帯電話

闇金を営む業者の特徴として携帯電話から連絡をしてくるという特徴があります。

金融業者は貸金業法の中でお客さんへ連絡するときは固定電話で行うことと決まりがあります。このことからも携帯電話から電話をかけてくる業者は闇金業者である可能性が高いと判断できます。

闇金業者は携帯電話から電話をしてくる傾向があります。
携帯電話から連絡をしてくる業者は闇金業者である可能性が高いので
十分に注意して下さい。

闇金かどうかは金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで確認

金融庁で登録番号を調べればすぐに分かります
借りようとしている業者が闇金かどうかを確認したい場合は金融庁の登録貸金業者情報検索サービスというのを利用します。
これを見れば登録番号が本当に金融庁に登録されているか金融庁の認可を受けている貸金業者かどうかを調べることができます。

 

自分はブラックだと思っていても実はブラックではない場合も

大手消費者金融や銀行に否決されてしまったから自分はブラックだと思っている人もいるようです。
しかし実際のところは調べてみたら実はブラックではなかったというケースもあります。

現在きちんと返済をしていればそもそもブラックではない

また過去に一度でも大手消費者金融に断られてしまったりすると自分はスーパーブラックなのではないかと思い込んでしまいどこからもお金が借りられなくなる人がいます。

しかし実際のところは金融会社それぞれで審査の基準が違うだけで実はブラックではないということもあります。

ブラックと一言に言ってもその基準は消費者金融によって様々異なります。
ある会社ではブラックリストに登録されていたとしてもまた別の会社ではブラックリストとして登録されていないこともあります。

借金を既に返済完了していたり一回も返済に遅れたことがないという方は実はそもそもブラックではないケースも多いです。

自分がブラックかどうかはCICやJICCで確認もできる

ブラックという状態はCICやJICCなどの個人信用情報に「異動」と書かれていることを一般的には指します。
CICやJICCに登録されている情報を知りたい場合は信用情報の開示請求を行うことで確認をすることができます。

CICやJICCの個人情報の登録期間は5年間

CICやJICCの個人信用情報は約5年間保存されると言われています。
つまり過去に金融事故を起こしていたとしても5年経過していればすでに情報は抹消されており
ブラックではなくなっている可能性があります。
個人信用情報機関にはJICCとCICとKSCというところがあります。

消費者金融が主に加盟しているのはJICCになります。消費者金融からお金を借りたい場合は消費者金融が主に加盟しているJICCの信用情報を注意深くチェックするようにしてください。

コメント